ガクヤ税理士事務所

会社設立は税理士や司法書士に相談しましょう

お問い合わせはこちら LINEでお問い合わせ

コラム

会社設立

会社設立は税理士や司法書士に相談しましょう

会社設立をするときは税理士や司法書士に依頼されることをお勧めします。
一から会社設立をするには法人設立登記をする必要があります。ご自身で法務局に行き、法人設立登記をすることも出来ますが、司法書士に任せると安心です。
また個人事業を法人化して株式会社や合同会社を設立するには、まずは税理士にご相談ください。
法人より個人事業の方が得なケースも多くあります。また個人事業の資産を法人が引き継ぐとき、正しい会計処理をする必要があります。
税理士に相談して安心して会社設立をしましょう。

会社を設立することは、個人事業主にとって大きなチャレンジです。会社設立には、会社の形態や税金の扱い、責任の範囲など、数多くの注意点があります。この記事では、税理士が教える個人事業主が会社設…

宮城県での個人から法人への開業には、税金や会計面での知識が必須となります。そのため、開業にあたっては税理士に相談することが大切です。実際に税理士のアドバイスを受けることで、税金の節約や税務…

青森県で起業する際には、税務の面での支援が必要不可欠です。そのため、税理士によるアドバイスはとても重要です。本記事では、青森県で起業する際に留意すべき設立のポイントについて解説していきます…

岩手県において、開業医を行う際には、税務面での問題に直面することがあります。そこで必要となるのが税理士の存在です。では、岩手県において開業医が必要とする税理士のポイントとは、どのようなもの…

会社設立をするのにしなければいけないことがいくつかあります。
まずは法人設立登記です。登記は司法書士の業務なので税理士には出来ません。
また法人登記が完了すると、税務署や都道府県、市町村に開業届やその他の届出をする必要があります。
届出をすることで会社設立したことを役所へ知らせることが出来ます。
次に会社の会計をしていかなくてはいけません。株式会社や合同会社の会計は、個人事業よりも正確な会計入力が求められます。
また法人税の申告は素人には難しく、多くの方は税理士に依頼します。法人は個人事業よりも税務調査も多いため、税理士がついていると安心です。
会社設立をした場合、税理士や司法書士をご検討されることをお勧めします。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。